成功したいなら物件の内装や立地もこだわりを

2016年03月13日 10:51


諸条件は丁寧にクリアしていく

開業医としてしっかりと事業を行って行きたいのであれば、事業計画もそうですが、物件にも十二分にこだわる必要があるでしょう。
初期費用が安いから、といった理由などで適当な物件を選んでしまうと、お客様からわかりずらい、導線上にないため病院の存在に気付いてもらえない、外装に清潔感がないため寄り付きづらい、内装が苦手で来てもらえないなど、本当に沢山の問題が生じる可能性があります。
その他の企業と同様に、病院の開業においても物件の立地、内装、外装などの諸条件は一つ一つ丁寧にクリアしていく必要があるでしょう。
勿論、大抵の場合はしっかりと内部を一から改装されることが多いようです。

立地と内装は重要

物件の立地に関しては、当たり前ですが駅前に近い方が集客力は見込めます。
駅から徒歩15分を超える場所は敬遠される傾向があるので、こういったポイントはしっかりと押さえる必要があるでしょう。
また、地方に開業する場合は競合となる病院との距離、住んでいる人口なども頭に入れておく必要があります。
内装に関しては、病院として清潔感のある雰囲気に改装することが望ましいでしょう。
最近では白を基調とするよりも、温かみを感じるナチュラルテイストにされる方もいらっしゃるようです。
いずれにしても、物件には細部までこだわり抜くひつお湯があるということを、覚えておく必要があるでしょう。


  • 1